過去の講座2015

今年度の講座の日程が決定しました。今年度も下記の2講座を開催します。
講座名をクリックして詳細をご覧ください。

■ 読者のつどい2015

講座名 日程・講師・会場 状況
 哲学講座
  生きる場の創造
    ―資本主義の終わりが意識される
             時代のなかで
日程:8月1日(土)~2日(日)

講師:内山節さん

会場:東京さぬき倶楽部
   (東京都港区麻布十番)

終了
 加工講座
  改めて押さえておきたい
       農産加工の基本
日程:10月28日(水)~30日(金)

講師:小池芳子さん尾崎正利さん

会場:農文協栂池センター
   (長野県栂池高原)

受付締切

10月1日 定員に達しましたので、受講のお申し込みを締め切らせていただきました。
改めて押さえておきたい 農産加工の基本

16年目を迎える加工講座。小池さんから学んできた受講生の組織「加工ねっと」とともに、改めて農産加工の基本を学びなおしませんか。たとえば、ジャムづくりには、他の農産加工品にもつながるたくさんのノウハウが詰まっています。
小池さんの講義に加え、実演、ワークショップ、そして持ち寄り加工品品評会など、様々なプログラムと交流で、皆さんの農産加工を応援します。

開催日:2015年10月28日(水)~30日(金) 2泊3日

講 師:小池芳子さん(長野県・小池手造り農産加工所会長)
尾崎正利さん(福岡県・職彩工房たくみ代表)
小池芳子さん小池芳子氏  尾崎正利さん尾崎正利氏
詳細はこちら

6月11日 定員に達しましたので、今後のお申し込みはキャンセル待ちとさせていただきます。
7月15日 定員に達しましたので、お申し込みは締め切らせていただきます。
生きる場の創造
―資本主義の終わりが意識される時代のなかで

いま市場原理主義、新自由主義が日本を席巻し、TPPに象徴されるように、農業すら資本主義的生産に純化しようとする動きが強烈に強まっています。一方で、こういった動きに対して、自分たちの生きる世界の再創造をめざす人々が新しい抵抗勢力として生まれています。自然とともにある労働の系を再構築し、地域の持続を保証する。そこに「生きる世界」の再創造の道が拓かれます。
内山先生の講義を聴き、ともに考えともに語り合いましょう。

開催日:2015年8月1日(土)~2日(日) 1泊2日

講 師:内山節さん(群馬県・哲学者)

内山節氏

■コーディネーター:阿部道彦(農文協編集局・全集グループ)

会 場:東京さぬき倶楽部(東京都港区麻布十番)
※今年度は会場を変更し、東京都内で開催いたします。
アクセス案内
電車・バスの方:東京メトロ南北線、都営大江戸線 麻布十番駅下車「2番出口」から徒歩3分
またはJR田町駅から徒歩5分
車の方:首都高速「芝公園」出口から3分(そばに駐車場あり、13台可能)

参加費:税込28,080円(26,000円+税)(受講料、資料代、宿泊・食事代等)
※金額の表記を変更させていただきました。

□集 合:8月1日(土)12:30
□解 散:8月2日(日)15:00

おおよそのスケジュール 変更になる場合もあります

1日目

12:30 集合、受付
13:00 講座説明、 第1講「資本主義経済の原理について」
15:30 第2講「農的生活の意味」
17:30 自由時間(大浴場は17:00~3:00、5:00~9:00利用可能)
18:30 夕食・自己紹介
20:30 交流会(自由参加)

2日目

7:30 朝食
9:00 第3講「信仰の再認識について」
12:00 昼食
13:00 第4講「ともに生きる社会、ともに生きる経済をめざして」
15:00 修了・解散

■定員:25名(お部屋は男女別相部屋になります)

■持ち物:ノート、筆記用具など(タオル、歯ブラシ、浴衣はあり)

内山節氏 プロフィール
内山節オフィシャルサイト

<内山節さんの本>
内山節著作集 全15巻 現在刊行中

ローカリズム原論 新しい共同体をデザインする

昨年の講座のようす
2014photo1 2014tetsu2 2014tetsu3