2017哲学講座 終了しました



5月1日 スケジュールなど詳細は、今後更新していく予定です
6月9日 スケジュール他を追加、ちらしもダウンロードしていただけます

根の張った経済・社会をめざして

上野村は、律令の昔から少なくとも千数百年続いてきた村。その間に日本国家は何度崩壊したことか……。
本当の強さとは持続性のことだ。一時潤ったからといって強い農業、強い地域社会はできない。持続する農業、持続する地域社会こそ、本当に強いといえるのではないか。
そして持続するとは、根を張っているということ。もともと農の世界は地域に根を張ってこそできる産業だった。「どこに根を張るのか?」このことが、一般経済も含めた全ての領域で問われてきている。

(2017年2月 第21回東北農家の2月セミナー(於 仙台市)での講義から)

今年も、内山哲学を育んだ群馬県上野村で哲学講座を開催します。あわせて村内のいくつかの施設を見学し、村の歴史、人々の仕事と暮らしのありようにも触れながら、上野村の自然・風土とのかかわりのなかでどのように持続的な労働体系が築かれようとしているのか、現地で学びます。
グローバリズムの破綻がいよいよ顕わになり、世界は新しい激動の時代に入りつつあるようです。私たちはどこに根を張るか、自分たちの生きる永遠の世界をどう築くか。内山哲学を学びながら考え、語り合う時間を共にしたいと思います。ご参加をお待ちしております。

開催日:2017年7月29日(土)~30日(日) 1泊2日

講 師:内山節さん(群馬県・哲学者)

会 場:やまびこ荘(群馬県上野村)

電車・バスの方:10:30 JR高崎駅東口からバスで送迎予定(無料)(お帰りの送迎もいたします)
車の方:やまびこ荘に直接集合 [アクセス案内]

参加費:税込30,240円(28,000円+税)(受講料、資料代、宿泊・食事代等)

□集 合:7月29日(土)12:30 予定
□解 散:7月30日(日)15:00 予定

■おおよそのスケジュール 変更になる場合もあります。

1日目

12:30 集合、受付
13:00 講座説明、 第1講「国家が意味を失っていく時代に」
15:50 第2講「現代世界と上野村の伝統回帰」
17:30 自由時間(入浴など)
18:30 夕食
19:30 上野村学習

2日目

7:30 朝食
9:00 第3講「私たちはどこに根を張るか」
10:40 上野村内見学(宿のバスで移動)、途中昼食
15:00 修了・解散(電車の方はバスで高崎駅まで送迎)

■定員:30名(お部屋は男女別相部屋になります)

■持ち物:ノート、筆記用具など(タオル、歯ブラシ、浴衣はあり)

内山節氏 プロフィール
内山節オフィシャルサイト

<内山節さんの本>
内山節著作集 全15巻

昨年の講座のようす

2017哲学講座ちらし(A4判両面・クリックしてダウンロードできます)
2017哲学講座ちらし

■お申し込みは、下記のフォームに入力のうえ、送信してください。

本講座のお申込は終了しました

読者のつどい2017

読者のつどい