2014哲学講座 終了しました

ローカリズム主権を考える
―生きる世界の再建と「むら」の原点回帰

いま、日本社会がさらされている「民主主義の危機」は、時代の大きな変革期に入っているがゆえの「危機」かも知れません。
今回の哲学講座では、ヨーロッパ近代が成立させた「民主主義」や「国民主権」の限界を明らかにしつつ、「主権」の在りかを考えるとともに、自然・死者・生者によって形成される多層的共同体や地域の労働体系、エネルギーの地域自給などの取り戻しと、生きる世界の再建の道を探ります。

開催日:2014年8月2日(土)~3日(日) 1泊2日

講 師:内山節さん(群馬県・哲学者)

内山節氏

■コーディネーター:阿部道彦(農文協編集局・全集グループ)

会 場:農文協栂池センター(長野県栂池高原)

参加費:21,000円(受講料、資料代、宿泊・食事代等)

□集 合:8月2日(土)12:30
□解 散:8月3日(日)15:00

おおよそのスケジュール 変更になる場合もあります

1日目

12:10
12:30
電車・バスの方:「栂池高原」バス停集合 <時刻案内
車の方:会場に集合 <地図
13:00 講座説明、 第1講
15:30 第2講
17:30 自由時間
18:30 夕食・自己紹介
20:30 交流会(自由参加)

2日目

7:30 朝食
9:00 高原を散歩しながら考えよう
10:00 第3講
12:00 昼食
13:00 全体討議とまとめ
15:00 修了・解散(栂池高原バス停まで送迎あり)
栂池高原バス停15:50発 長野駅行きバス(白馬駅下車可能)

■定員:20名(お部屋は男女別相部屋になります)

■持ち物:ノート、筆記用具、洗面用具(歯ブラシ・タオル)、パジャマなど

内山節氏 プロフィール
内山節オフィシャルサイト

<内山節さんの本>
内山節著作集 全15巻 7月より毎月発刊予定

ローカリズム原論 新しい共同体をデザインする

シリーズ地域の再生 共同体の基礎理論

昨年の講座のようす
2013哲学講座photo1 2013哲学講座photo2 2013哲学講座photo3

■下記のフォームからお申し込みできます。

本講座のお申込は終了しました

読者のつどい2018

読者のつどい