2012養蜂講座 参加者募集中

ミツバチ飼育再入門

今年の養蜂講座は、西洋蜂と日本蜂、どちらのミツバチを飼おうかな、という段階の方から受講していただける内容で設定しました。「健全なハチ」を育てるための基本的な考え方を、経験談とともにじっくりお伝えします。うまくハチと付き合えば、講師のように、1群(西洋蜂)で100kg以上のハチミツを採るのも夢じゃない!

開催日:2012年5月30日(水)~6月1日(金) 2泊3日

講 師:村上 正氏(岩手県盛岡市養蜂家 藤原養蜂場副場長) 
      村上正氏

会 場:農文協栂池センター(長野県栂池高原)

参加費:32,000円(受講料、資料代、宿泊・食事代等)

□集 合:5月30日(水)12:30
□解 散:6月1日(金)12:30

おおよそのスケジュール(変更になる場合もあります)

1日目

12:05
12:30
電車・バスの方:「栂池高原」バス停集合 <時刻案内
車の方:会場に集合 <地図
13:00 参加者自己紹介
講座【西洋ミツバチ編】西洋ミツバチの基礎知識と養蜂の考え方
17:00 自由時間
18:30 夕食
20:00 交流会


2日目

7:00 朝食
8:30 講座【西洋ミツバチ編】ミツが採れる健全なミツバチを育てるには
12:00 昼食
13:00 講座【日本ミツバチ編】日本ミツバチの基礎知識と養蜂の考え方
17:00 自由時間
18:30 夕食
20:00 参加者からの事例報告・交流会


3日目

7:30 朝食
9:00 講座【日本ミツバチ編】ミツバチを捕まえて定住させるには
11:00 質疑応答
12:00 終了・昼食
12:30 解散(栂池高原バス停まで送迎あり)
栂池高原バス停13:35発 長野駅行きバス(白馬駅下車可能)

定員:35名(お部屋は男女別相部屋になります)

持ち物:まわりにつばのある帽子(麦わら帽など)、面布(お持ちの方)、筆記用具、洗面用具(歯ブラシ・タオルなど)、パジャマなど
※面布は、当日会場でも販売いたします。
※保護服は、ハチを使った実習は行わないため、不要になりました。(5月17日更新)

<講師:村上正氏さんからのメッセージ>
left日本蜂や西洋蜂で思いつくまま、色々な実験を一人で楽しんでいます。
昔は、西洋蜂の蜂蜜も1缶(24kg)2万円弱でしたが、ここ数年で3倍以上の値がついて、ミツバチの飼育を始める方が多くなってきました。しかし、越冬に失敗して毎年種蜂を買い足す知人も多くおります。
自分で増やし育てた群が日本蜂で20kg以上貯蜜し、また西洋蜂で100kg以上の採蜜できる蜂になったら、趣味の養蜂家として満足できるのではないでしょうか。あなたも挑戦してみませんか。

藤原養蜂場
日本在来種みつばちの会

<村上正さんの本>

日本ミツバチ 新特産シリーズ 日本ミツバチ 在来種養蜂の実際(藤原誠太さんとの共著)

■下記のフォームからお申し込みできます。

本講座のお申込は終了しました

読者のつどい2016

読者のつどい