2012小麦講座 参加者募集中

小麦の力、酵母の力
小麦畑を散策し、小麦の酵母でパンを焼いてみよう

長野県は小麦粉の消費量が日本一。信州の食とくらしを小麦から考え、その力を再発見します。昨年ご好評をいただいた講座を今年も実施!

1日目に訪れる小谷村・伊折集落は12戸31名、全戸が農家の小さな集落。北アルプスを望む棚田が広がる日本の原風景ともいえるところです。米が中心ですが、そば、ミニトマト、山菜、そして近年、小麦栽培も手がけています。そんな山間の集落で、小麦畑を散策します。また、小麦を石臼で挽いて全粒粉にし、翌日のパン生地に加えましょう!
2日目は、小麦の酵母のほか、今回は玄米麹から酵母を起こし、信州の地粉をつかって、パンを焼きます。小麦や米麹だけでも、酵母の働きでパンを膨らますことができるんです!
小麦の力、酵母の力、そして農家の力を感じて、元気になっていただく2日間にしたいと思います。


◆開催日:2012年6月23日(土)12:10 ~ 24日(日)13:00

◆講 師:高橋正宏さん(長野県農家)
     新井登志子さん(長野県・自然酵母パン製造販売)

      高橋正宏さん   新井登志子さん

会 場:農文協栂池センター(長野県栂池高原)

参加費:20,000円(1泊3食、材料費込)
     ※地粉パンと自然酵母のおみやげ付

おおよそのスケジュール(変更になる場合もあります)
1日目

11:50
12:10
電車・バスの方:JR「白馬駅」集合 
車の方:JR「南小谷駅」集合、全員で伊折集落に移動 
12:30 山間の小さな集落のくらしぶりを考える
 小麦畑を散策 酵母になるものを探してみよう
 小麦を石臼で挽いてみる
17:00 栂池センター(宿泊地)に移動
17:30 自由時間
19:00 夕食
20:00 自然酵母でパンづくり【準備編】
 自然酵母のパンづくりのお話を聞く
 小麦酵母・玄米麹酵母を起こす


2日目

7:00 朝食
8:30 自然酵母でパンづくり【実践編】
 起こした酵母でパン生地をこねる
 一次発酵が終わった生地をフライパンで焼く
11:30 自然酵母のパンで昼ごはん
 地元産の生野菜や卵などをつかったオープンサンド
12:30 まとめ・修了
13:00 解散(栂池高原バス停まで送迎あり)
 栂池高原バス停13:35発 長野駅行きバス
 (14:00白馬駅下車可能)

■昨年の講座のようす

◆定員:15名

◆問い合わせ:農文協「信州くらし体験塾」事務局 河村あて メール

◆お申し込みは下記のフォームからお願いします。

本講座のお申込はすでに終了しております

読者のつどい2017

読者のつどい